ボーボーウーマン

【閲覧注意】毛深い女性、スカトロに興味ある?なければ退出するべし!
うで毛、わき毛、腹毛、尻毛、すね毛等々。
おもにお下品系画像、及び「うんこ」「毛」2cnまとめサイト!

    グラビアアイドル


    高梨 瑞樹(たかなし みずき、1997年12月21日 - )は、日本のグラビアアイドル。ヴィスカエンターテイメント所属。 栃木県出身。 大学在学中の2018年に東京へ遊びに来ていたところを現在の所属事務所マネージャーにスカウトされ、同年7月1日にtwitterを開始し"高梨瑞樹
    39キロバイト (5,675 語) - 2019年11月13日 (水) 15:50



    (出典 img.bakufu.jp)


    busty グラドル・高梨瑞樹(85F)は現役女子大生 / 1st DVD『ミルキー・グラマー』

    1

    現役女子大生グラビアアイドルの高梨瑞樹さんがDVD『My Only Sunshine』の発売記念イ
    ベントを17日、ソフマップAKIBA(1)号店サブカル・モバイル館で開催した。

    7月に宮古島で撮影した本作女子大生の高梨瑞樹さんと1泊2日の沖縄旅行に出かける
    ストーリー。

    DVDの内容について「洗車のシーンは車を洗った後に車の中でいちゃいちゃしています。
    ビーチの赤い水着のシーンは遊んでいるところで、一緒に浮き輪を膨らませたりしました。
    最初監督さんにビーチで“とりあえず歩いて”と言われ歩いたら“ただ歩いてどうするんだ
    よ!”と怒られました。シャワーのシーンは唯一しっとりとしていて、シャワーを浴びながら
    水着を脱いでいきました。ゴールドの水着での夕景のシーンはショールをかけてヒラヒラ
    なびかせています。いちばんセクシーなシーンはジャケットになった夜のベッドのシーン。
    大胆に攻めた水着です」と紹介。

    https://girlsnews.tv/dvd/347353

    (出典 pics.dmm.com)


    (出典 girlsnews.tv)


    【B85W62H86、たわわバストの「現役女子大生グラドル」】の続きを読む


    麻亜子(まあこ、1994年10月31日 - )は、日本のグラビアアイドル。 前職はWebデザイナー。史上初めて一般応募から"ミスFLASH2018"に選定され芸能界デビュー。 その後も個人でグラビアアイドルとして仕事を受けていたが、2018年春からアイエスフィールドに所属。特技を生かし、ウェブサイトは自身で立ち上げデザインしている。
    4キロバイト (349 語) - 2019年6月16日 (日) 02:46



    (出典 d1jo5b1m9v3ic.cloudfront.net)


    刺激的過ぎるHカップおっぱい!グラビアアイドルの麻亜子ちゃんが登場!【ソフマップLIVE】

    1

    グラビアアイドルの麻亜子がこのほど、東京・浅草橋の東京Lilyで最新イメージDVD『恋した
    人だから』(発売中 4,104円税込 発売元:ギルド)の発売記念イベントを行った。

    グラドルの登竜門的ミスコン「ミスFLASH 2018」で同ミスコン史上初めて一般応募からグランプ
    リに輝いた麻亜子は、上からB90・W58・H82という凹凸ボディーにHカップバストが魅力の24歳。
    そんな彼女が通算4枚目となるDVDをリリースした。今年5月に都内のスタジオと千葉・館山で
    撮影され、ドジっ子なコンシェルジュに扮した麻亜子が、上司に仕事などを教わりながら、過激
    な水着や衣装を着用して自慢の凹凸ボディーを披露している。

    最新作について麻亜子は「私がドジっ子のコンシェルジュなので、オーナーの息子さんに仕事
    や仕事以外のことも教えてもらうお話となっています。コンシェルジュなので、コンシェルジュの
    衣装を着ているシーンがあるんですが、中が赤いセクシーな下着風水着を着ていて、すごく可
    愛いと思います」と紹介。大浴場のシーンでは「バスタオルオンリーで、限界まで露出していま
    す」とセクシーシーンが満載のようで、「タンクトップを着たシーンでは、バストが上下左右に揺
    れまくっています」と話すなど、バストフェチにはたまらないシーンも収録されているという。

    https://news.mynavi.jp/article/20190722-863431/

    (出典 www.guild-p.com)


    (出典 www.guild-p.com)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    DUGA DUGA DUGA 【自慢の凹凸ボディーやって…←この「グラビアアイドル」知ってます?】の続きを読む


    OL(オーエル、office lady の略)は「会社勤めの女性」「通勤する女性」を意味する和製英語。 かつて働く女性を指して使用されていたBG(business girl「ビジネスガール」)に代わる呼び名として、1963年、「新しい時代の働く女性」を表す言葉を週刊誌『女性自身』が公募、読者投票の結果誕生した造語である。
    11キロバイト (1,597 語) - 2019年7月9日 (火) 01:54



    (出典 idol-gakuen.jp)



    1

    グラビアアイドルの泉屋アイナが20日、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD
    『ミルキー・グラマー』(発売中 4,104円税込 発売元:竹書房)の発売記念イベントを行った。

    同DVDがグラドルデビュー作となる泉屋は、168cmの高身長に上からB95(Gカップ)・W63・
    H93という抜群のスタイルが魅力の期待のニューカマー。今年3月に沖縄・宮古島で撮影
    されたという同DVDは、泉屋が大学生の家庭教師に扮して、男子生徒を誘惑するという
    シチュエーションものとなっている。

    昨年までOLとして働いていたという泉屋。「去年の暮れまでOLをしていたんですが、会社を
    辞めて転職活動をしている時に今のマネージャーさんにスカウトされました。人生一度きり
    なので、やってみようと思ってグラドルを始めようと思いました」とデビューまでの経緯を説明
    しつつ、「日本を代表するグラドルになれたらと思っています。海外でも活躍したいですね。
    熊田曜子さんにすごく憧れていて、熊田さんのようにいろんな分野で活躍できるようになりた
    いと思います」と意欲を見せていた。

    https://news.mynavi.jp/article/20190721-863094/

    (出典 idol-gakuen.jp)


    (出典 idol-gakuen.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    DUGA DUGA DUGA 【泉屋アイナ「去年まではOLでした」←デビュー作】の続きを読む


    永井 里菜(ながい りな、1992年10月19日 - )は、日本のグラビアアイドルであり、女性アイドルグループ・G☆Girlsの元メンバー、BLESSの元メンバー。 埼玉県出身。ウェスタ所属。 東京・表参道でスカウトされたことがきっかけで芸能界デビュー。活動初期はアルファコアに所属し、舞台活動など
    11キロバイト (1,237 語) - 2019年7月2日 (火) 23:17



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    永井里奈 Nagai Rina Purple Bikini


    平塚 奈菜(ひらつか なな、1985年3月25日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。東京都出身。アーティストボックス所属。 短大を経て四年制大学に編入学し、卒業。短大、大学ではいずれも芸術学部だった。 2006年4月から2008年3月まで『王様のブランチ』(TBS)のリポーターを務めた。初期の頃は不定期に出る程度(月に1
    10キロバイト (1,218 語) - 2019年6月12日 (水) 05:41



    (出典 pbs.twimg.com)


    平塚奈菜(90G)は「ハイレグがぐわぁっとキてるんで。」と笑み / reunion


    このページのトップヘ